吉方位

吉方位とはその名の通り、良い方位のことです。
吉方位旅行という開運アクションがあることを、ご存知ですか?
中国では「奇門遁甲」という方位術が「三国志」の時代以前より存在しています。
日本でも、安倍晴明の時代より密かに行われていたようですが、江戸時代の末期、「九星気学」のブームにより、知識人の間で実行されてきたようです。
吉方位旅行は、開運のためには必要なアクションであり、一時期のブームで終わらせてはいけないと考えています。

ある程度決められた運勢を、最大限プラスに活かすために、吉方位旅行は有効です。
吉方位を利用する、しないでは、ご自身の身に起きる事象に、微妙な差が生まれるのです。
ケースによっては、合格しない運勢だったところが、合格をしてしまうことすら起きることもあります。
吉方位を利用するというアクションは、お料理でいうと「スパイス」を加えることだとイメージしてみて下さい。
無くても食べることは出来ますけど、あればもっともっと美味しくなります。

人生にスパイスという彩りを加えるために、そして何よりも開運のために、くっきぃず開運倶楽部では吉方位旅行を推奨いたします。

方位術の種類

九星気学という占術により割出された「日時と吉方」を利用し、吉方の気を
体内に満たす方位術です。

  • お水取り(自然水をいただいてきます)
  • お砂取り(土や葉っぱをいただいてきます)
  • 玉埋め(水晶を埋めてきます)

が、代表的なアクションです。
大企業のCEO、有名スポーツ選手、芸能人も利用されています。

三国志の時代、名軍師「諸葛孔明」が使用したことで有名な方位術です。
現代では、「勝ち運」「勝負運」を身につけるために使用します。

出会いを求めたい!
試験に合格をしたい!
就職をしたい!
ライバルに勝ちたい!
など、攻めの目的達成の時に、ここぞ!という時に、有効な方位術です。

奇門遁甲をベースにしていますが、少し計算方法が違います。
基本、徒歩での移動で開運する方位術です。
最近、健康のためにウォーキングやランニングが流行っていますね。
どうせ移動するのでしたら、吉門取りの吉方に向って歩き、走り、健康運プラスアルファの吉運を身につけてみませんか?

週末のショッピングなど、もう少しラフな形で使用することも可能です。

お申込みはこちら