吉門取り

 2017年現在、「吉門取り」単体での受付はしておりません。
「占い鑑定・運勢リーディング」中での対応は可能です。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合わせください。
 
 
 

吉門取り吉門取りとは、吉門に向って2時間歩いたり、自転車で2時間走るという開運法です。
奇門遁甲方位術の仲間なのですが、計算方法に違いがあります。

つまり、歩いたり走ったりして健康になり、吉門効果で勝ち運を身に付けることが出来る、一石二鳥の開運方位術です。

ウォーキングやサイクリングが流行っている昨今。
健康のためだけでなく運気を上げるために、良い方位に向って移動をしてみませんか?

 

吉門取りの特徴

お水取り奇門遁甲は、車や公共交通機関を使って、普段の生活圏内から出る場所を目的地とします。

吉門取りは、歩いて2時間、あるいは自転車で2時間移動をする方位術です。
ご自身の脚を使い汗をかいて移動をして、普段の生活圏の中に目的地を設定します。
目的地(吉門)に向って2時間歩き、あるいは自転車を走らせます。
目的地に到着した後は、2時間以上滞在します。
滞在中は、ショッピング、映画鑑賞、お食事、温泉入浴、マッサージ等、お好きなアクションをして下さい。
お帰りは、タクシーでも電車でも結構です。
楽なスタイルでお帰り下さい。
簡単に表現をすると、2時間かけて移動をして、2時間以上目的地に滞在する方位術になります。
※方位分けは「8方位を45度均等で分割」です。「西偏」は無しです。ご自宅を中心にして、そこにお住まいの方でしたら一緒に実行することが出来ます。

吉門取りの利用方法

ウォーキングが趣味、これからトライしてみたいとお考えの方。

2時間の移動ですので、7~10Km程度のウォーキングになります。

サイクリングが趣味、これからトライしてみたいとお考えの方。
20~40Km程度のサイクリングになります。

目的地を吉門に設定をすることで、健康増進と吉方位エネルギーの両方を得ることが
出来ます。
休日に吉門取りを実行することで、日常のトラブルを避ける運も身に付きます。

また、普段のお買い物を、吉門方位のお店に設定することが出来ます。

飛び込み営業、勧誘に行く際も、吉門方位を利用することが出来ます。

  • 休日に半日かけて実行する
  • 普段のお買い物で利用する
  • お仕事面で活用する

このように、3通りの利用方法があります。

吉門取りの不思議

吉門取り
「歩き通せた自分に自信が持てた!」
「歩いている途中で仕事の依頼が入った!」

「歩いた先で宝くじが当った!」
「良い人との出会いが増えた!」

「結果7kgダイエットに成功した♪」

「吉門取りで歩いていたので、震災当日歩くのも苦ではなかった!」
等のご報告を受けています。
中には、2時間滞在の間パチンコをして、7万円稼いだ方もいらっしゃいます。
タクシーの運転手さんで、吉門方位でお客待ちをしていると、成績が良かったというお話も聞いています。
あなたも吉門取りで、不思議体験をしてみませんか?

 

吉門取りの鑑定について

吉門取りの吉方には、「生門」「開門」「休門」「景門」の4パターンがあります。

「生門」は、オールマイティに効果があります。

「開門」は、主にオフィシャル面に。
「休門」は、主にプライベート面に。

「景門」は、学業と試験運に。

さらに、オプションとして追加の条件も加味しまして、一覧表を作成します。
お申込みいただいた後、1ヶ月単位で一覧表をメールにて配信いたします。
「毎日」の情報が分かりますので、鑑定料を365日で割ってみると、実は缶コーヒー1本よりも安い情報料となります。

鑑定料金(現在休止中)

初めて
開運倶楽部メンバー
2月申込
受付不可
受付不可
3月申込
受付不可
受付不可
4月申込
受付不可
受付不可
5月申込
受付不可
受付不可
6月申込
受付不可
受付不可
7月申込
受付不可
受付不可
8月申込
受付不可
受付不可
9月申込
受付不可
受付不可
10月申込
受付不可
受付不可
11月申込
申込不可
受付不可
12月申込
申込不可
受付不可
1月申込
申込不可
受付不可

 

吉門取りの基本は、徒歩or自転車で2時間移動をして2時間以上滞在し、お帰りはフリーです。
理論上、2週間に1回の頻度で継続をすると、より効果が持続、高めることが出来ると言われております。
吉門取りは、体力増強、健康増進、そして開運という、一石二鳥の方位術です。

ウォーキング初心者の方、長距離サイクリング初心者の方は、初めて実行される時は短かめの距離を設定なさることをお勧めします。
2時間の移動はとてもエネルギーを使います。
無理をしないで楽しんで継続されることをお勧めいたします。

普段のお買い物、営業や勧誘で使用する際は、2時間にこだわる必要はありません。
取引先が電車で30分の場所であるとか、徒歩で5分のスーパーでもその日の吉門を利用されると良いでしょう。

お申込みはこちら