奇門遁甲

 
福を引き寄せる開運コミック 【いやさか!】 ~Dr.コパさん大推薦!~
飛鳥新社刊 2016年12月21日発行 ¥1,204+税
著者 くっきぃ(ストーリーとコマ割り)&源太郎(作画)
 
【いやさか!】詳細はこちら
アマゾン通販はこちらから
紀伊国屋書店さま、有隣堂さまなど、大手書店さんで取り扱っております
「実用書」「占い」「風水」「コミックエッセイ」などの棚に、平積みで置かれております
地元密着型の書店さんでは、棚に入っていることが多いようです
 
 

奇門遁甲奇門遁甲とは、二千年以上の歴史を持つ、歴史の古い方位術です。 三国志の時代、名軍師「諸葛孔明」が使った術ということで有名です。
軍隊を吉方に動かし、敵に勝つことを目的に使用したと伝えられています。
何かとストレスの多い現代でも、ライバルに勝つために、利用をすることが出来ます。
就職をしたい!結婚をしたい!事業を成功させたい!のような、積極的な願いをお持ちの方に、体験をしていただきたい方位術です。

 

奇門遁甲の特徴

吉方位を使う術として、他に「お水取り」があります。
「お水取り」は、「一白水星の人には吉方ですが、五黄土星の人には凶方です」というように、行ける人が限定されます。
ところが、三国志のように、軍隊を動かす状況の時には、そのようなことは言っていられません。 奇門遁甲は、万人にとって吉方、凶方を割出すことが出来る方位術なのです。
奇門遁甲の方位分けは、「8方位を45度均等で分割」「西偏」無しです。

奇門遁甲の利用方法

奇門遁甲現代では、家族旅行、グループ旅行、社員旅行などに利用することが出来ます。一白、二黒、三碧・・・九紫と、本命星がバラバラの団体でも、吉方に旅行をするこが可能になります。
また、昨今、願掛けのために神社仏閣、パワースポットを巡る方が増えております。
どうせお出かけになるのでしたら、奇門遁甲の吉方を利用して、良い条件の元訪れてみることをお勧めします。 さらなるプラスのエネルギーを得ることが出来るでしょう。

 

奇門遁甲の不思議

気象が乱れがちな昨今。 奇門遁甲で旅行をすると、台風や爆弾低気圧の影響による通行止めや運行停止といった、交通の障害に遭うことが不思議とあまりありません。
旅行や出張で、移動中のストレスを減らすためにも、目的地を吉方に設定すること、 目的地が吉方になる日を選ぶことを、お勧めいたします。

奇門遁甲の鑑定について

奇門遁甲の吉方には、「生門」「開門」「休門」の3パターンがあります。
「生門」は、オールマイティに効果があります。
「開門」は、主にオフィシャル面に。
「休門」は、主にプライベート面に。
さらに、オプションとして追加の条件も加味しまして、60点~100点(100点満点)の 点数付けで鑑定をいたします。
くっきぃず開運倶楽部では、奇門遁甲の鑑定については2つのパターンをご用意しております。

出発日指定コース

出発日を限定して、その日吉方になる方位を鑑定するコースです。
お休みが限定されている方がよくご利用になります。
せっかく旅に出るのですから、たとえ日帰りでも、良い方位に出向いて、プラスのエネルギーをゲットしたい方にお勧めします。
出張先や旅行先が決まっている方が、その日のその方位はどんな条件なのか?を事前に鑑定される場合にも利用できます。

期間指定コース

1ケ月の中で、最高に良い条件となる日と方位を鑑定するコースです。
お休みがある程度自由に設定出来る方や、どうしても叶えたい願いがある!という時、その日に休暇を取って旅行を実行していただきます。
月に1回、奇門遁甲で旅行をするという方や、お詣りをしたい神社が吉方となる日を診てほしいという方もいらっしゃいます。
1ケ月の中には、100点に近い条件を満たす日が必ずあります。
その日を利用して、是非、あなたの願いを叶えて下さい。

鑑定料金(受付休止中)

初めて
開運倶楽部メンバー
実行日指定コース
※受付不可
※受付不可
期間指定コース
※受付不可
※受付不可

※実行日指定コースは、希望日プラス前後2日分を目安に。
※期間指定コースは、1ケ月以内を目安に。
※初めての方で、「期間指定コース」を半年分以上ご希望の方は、割引もご相談させていただきます。
※奇門遁甲を使った「転居鑑定」をご希望の方は「運勢鑑定」をお申し込み下さい。

奇門遁甲は、吉方に足を運べばそれでOKです。
指定の時間に指定のアクションをしなくてはいけない、というような条件はありません。
日帰り旅行、長期旅行、出張、転居など、色々な場面に利用が出来ます。
また、理論上2ケ月に1回程度の頻度で継続をすると、より効果が持続、高めることが出来ると言われております。
勝ち運をしっかりゲットするためにも、是非、継続をなさることをお勧めいたします。
お申込みはこちら