ホメオパシー健康相談

ホメオパシーは、あなたの自己治癒力にスイッチを入れ、本来の健康な体、心を取り戻す代替医療です。
約230年前にドイツで誕生しました(1796年確立)。
今、健康や治療に対して様々なアプローチがあり、個人がそれを選べる時代です。
現在、世界では10億人がホメオパシーを愛用しています。
日本には20年前に入ってきました。
お薬を使いたくない方、根本的な体質改善が目的の方、できるだけ自然な形で健康や若さを維持したい方などに、幅広く愛用されています。

 

ホメオパシーについてもっと深く知りたい方はこちら

 

源太郎@プロフェッショナルホメオパス
◆JPHMA No,0522(2009年認定)
◆モダンミステリースクール公認ヒーラー
◆イラストレーター
「どうも、源ちゃんです!医師だった母親の影響を受け、1度は医学部を目指したものの、好きだった絵の道を選びました。でも、形は違えども、結果的に母親と同じ道に。母もまた、お薬を使わないアプローチというホメオパシーに興味を持ち、70代後半で勉強を始めましたが、志半ばで他界しました。なので源ちゃんは、母親の遺志も引き継ぎ、人を癒す療法家でありたいと思っています。」

ホメオパシー健康相談会の流れ

Step1.初めての相談会

ホメオパシー健康相談会の初回は、60~90分かけてじっくりお話をお伺いします。
「1番気になっている(治したい)症状は?」
「体、心はそれぞれどんな状態ですか?」
「これまでの病歴、ケガ歴は?」
など、レメディ選びに必要な情報をお聞きします。
お茶をいただきながら、ゆったりとリラックスした中でお話をお伺いします。中には、もう終了という頃に、過去の事故やいじめの体験などを思い出すクライアントさんもいらっしゃいます。それが、レメディ選びのヒントになる!ということもたくさんあります。
ご自身の人生の歴史を振り返りながら、新しい、でも懐かしい、本当の自分に出会うキッカケの時間になるでしょう。
◆初回・・・横浜のサロンでの対面スタイルのみ(60~90分) 10,000円
アクセス
空きスケジュール

 

◆遠方の方などで横浜までお越しいただくことが難しい方は1度ご相談ください

 

Step2.レメディの適用書をお作りします

 

初回の健康相談会でお話をお伺いした後、その場でレメディの適用書をお作りします。
レメディの適用書とは、クライアントさんの症状にアプローチするために必要なレメディが記載された書類のことです。
お店(レメディ販売専門店orネットショップ)に提出するものと、控えのもの、2枚お渡しします。
お渡しする時に、レメディの取り方、取り扱い方法をお知らせいたします。
適用書をお作りする間(15~30分)、ホメオパシー関連の書籍やご案内に目を通していただき、お待ちいただきます。

 

Step3.次回ご予約とレメディの購入について

ホメオパスは、レメディを取り扱うことができません。国の行政指導により禁止されています。
つきましては、以下の(1)か(2)の方法でのご購入の仕方について、相談会の時にご案内をさせていただきます。
レメディ代につきましては、健康相談会とは別途かかりますので、その点のみご了承ください。
ご購入いただいたレメディは、1ケ月~1ケ月半でお取りいただける量となっております。
次回の健康相談会のご予約は、1ケ月~1ケ月半先でお取りください。
(1)レメディ販売店にて直接購入・・・アクセス
(2)ネットショップにて通販購入

 

Step4.レメディ摂取中の好転反応があった時

レメディと呼ばれる「砂糖玉」や「アルコール」「ハーブ酒」には、症状を引き起こす物質が入っています。
あなたの症状には、同じ症状を起こすレメディを選びます。これを同種療法といいます。
元の物質が無くなるほど非常に薄められており、物質のパターン、エネルギーのみが含まれている状態です。毒性は全く無く副作用や禁忌は報告されていません。
お子様や妊婦さん、年配の方、動物まで、どなたでも安心してお使いいただける食品です。
日本では食品として取り扱われています。

 

ですが時に、「頭痛がする」「だるい」「イライラする」など、好転反応と呼ばれる症状が出ることもあります。
治癒の過程での、一時的な悪化と呼ばれるものです。
個人差がありますが、これは、それまで取ってきたお薬や軟膏などで抑えていた症状が、自己治癒力が高まったために、表面化をしている状況です。
症状は、体が起こしている排毒反応であり、出し切ることで健康を回復する、と考えます。
このような好転反応には、LINE、メッセンジャー、メール等でご連絡いただき、それにお答えする形を取っております。

 

レメディについてもっと深く知りたい方はこちら

 

Step5.健康相談会2回目以降

ご予約いただいた日時にお越し下さい。
(※2回目以降は、お顔が見えるLINE通話、スカイプでの相談も可能です)
2回目以降は、30~60分。相談会料金は5,000円です。
(※オンラインの場合は、前もってお振込みください)
1ケ月~1ケ月半ほどレメディを摂取して、どのような体調の変化があったのか?無かったのか?心境の変化は?など、たくさんお話ください。

 

2回目の健康相談会

レメディ適用書の作成

3回目のご予約

レメディのご購入

レメディ摂取
(好転反応があればご連絡)
(検査が必要であれば該当機関で受けてください)

3回目の健康相談会

 

Step6.健康相談会終了まで

ホメオパシー健康相談会は、このように進んでいきます。
何回で終わりますか?というご質問に関しては、個人差がありますので、お答えすることは難しいところです。
レメディをお取りいただくことによって、クライアントさんの本来の姿が、玉ねぎの皮がむけるように徐々に現れてきます。
クライアントさんが納得するまで、ホメオパスはお話をお伺いし、最善のレメディをお探しします。
ホメオパスとは、クライアントさんに寄り添い、共に玉ねぎの皮をむく伴走者なのです。

 

ホメオパシーを学びたい方はこちら

ホメオパシー健康相談会料金

  料金(税込) 補足
初回の健康相談会

10,000円 60~90分

アクセス
空きスケジュール

2回目以降の健康相談会 5,000円 30~60分

前の回にご予約いただきます
オンラインの場合は事前振込み
レメディ代 3,000~7,000円 相談会料金とは別途かかります


Step7.相談会終了後レメディ適用書を受け取り販売店で購入

相談会終了後、レメディ適用書をお渡しします。
レメディ販売専門店でのご購入の方法をお伝えいたします。

直販店と、通信販売(宅配便着払い)をご選択いただけます。
販売専門店は、インターネットでお調べいただくことも出来ます。 入手時期 既製品・・・直販店(即日)/通信販売(4日~1週間)
特殊なコンビネーション・・・・直販店・通信販売(5日~1週間)

Step8.レメディを摂る

レメディのお召し上がり方は、適用書を参考になさって下さい。
「マザーチンクチャー」「アルポ」はお酒です。
適量を指定いたしますので、お水などで薄めて召し上がって下さい。

運転に支障の無い範囲の薄さです。
また未成年に与える場合は、保護者が扱って下さい。

 

Step9.好転反応が出た場合、連絡する

途中経過をご報告したい時、何らかの好転反応があり不安な時、お辛い場合はご連絡下さい。
指定レメディ摂取中の体調変化についてのご相談は無料でお受けいたします。
※くっきぃず開運倶楽部メンバーでない方の場合、有料となる場合もあります。
※お電話の場合、運転中、施術中など、都合で出られないことがあります。
 その際は、メール、もしくはお時間をおいてからおかけ直し下さい。

 

ホメオパシー健康相談料金(価格はすべて税抜)

基本料金
※補足
●直接相談
10,000円(初回)
5,000円(2回目以降/30分)
(延長1,000円/10分)
※初回のみ、問診のため60~90分お時間をいただきます
●メール相談
※受付中止
●電話・スカイプ鑑定
10,000円(初回)
5,000円(2回目以降/30分)
(延長1,000円/10分)
※初回のみ、問診のため60~90分お時間をいただきます
●相談後の好転反応による緊急相談
1,000円(1回))
※メッセンジャーorラインで対応
●レメディ代
5,000円~7,000円
※相談会料とは別途発生します
お申込みはこちら